Event is FINISHED

Game Developer’s Meeting エンジニア向け勉強会Vol.2 『Unityを使ってモバイル向けの描画設計で考慮すること(+α)』

Description

Game Developer’s Meetingとは?
株式会社ディー・エヌ・エーは、ゲームクリエイター向けイベント「Game Developer’s Meeting」を開催致します。GDMでは毎回様々なテーマについて専門性の高いゲストを迎え、ゲームクリエイターの「見たい、知りたい、会いたい」が実現できる場を創出し、ゲーム業界の発展に貢献するための活動として定期的に開催させて頂いております。

ゲームクリエイター向け勉強会「GDM」へのこだわりと目指すところhttp://dena.com/jp/article/2017/06/06/003402/


主催
株式会社ディー・エヌ・エー
http://recruit-games.dena.jp/

開催
Game Developer’s Meetingエンジニア向け勉強会Vol.2

日程
2017年6月27日(火)入場受付19:30時開始20:00時-22:00時

会場
渋谷ヒカリエ21F DeNA セミナールーム

参加資格
エンジニアとしてゲーム開発職に従事されている方GDMはゲーム開発職としてすでに従事されている方を対象とした勉強会となっておりますので、学生さんや未経験の方、他職種の方にはご遠慮頂いております。予めご理解とご了承をお願い致します)

参加費
無料

募集人数
70(応募多数の場合はエントリーして頂いた方の中から抽選とさせて頂く場合もございますこと、予めご理解とご了承をお願い致します)

募集期間
2017年6月7日(水2017年626日(月)12:00時迄

その他
開催当日はお名刺をご持参下さい。

エンジニア向け勉強会Vol.1-1
Unityを使ってモバイル向けの描画設計で考慮すること(+α


登壇内容
Unityで主にモバイルのようなスペックが低めのマシンでゲームを作成する際、その描画設計で気を付けていることをお話しできればと思います。(シェーダ、描画フローなどが中心になるかと思います。)あと+αとして、GCC'17にて行ったUnityでモバイル向けにリニアワークフローを実装したお話もします。


■登壇者紹介
株式会社ロジカルビート
http://logicalbeat.jp/

代表取締役 / プログラマー堂前 嘉樹氏

■登壇者プロフィール

ゲームメーカー数社を経て2008年にバンダイナムコゲームス(現バンダイナムコスタジオ)に入社。鉄拳シリーズでメイングラフィックプログラマーとして活躍する傍ら、執筆も手掛け、2012年には『ゲームを動かす技術と発想』(CEDEC2013著述賞を受賞)を発刊。2014年に同社を退社し、フリーランスでの活動を経てロジカルビートを設立。『いけにえと雪のセツナ』ではグラフィック全般を担当し、講演や執筆活動にも精力的に取り組んでいる。


エンジニア向け勉強会Vol.1-2
GDM MeetUp
ゲストスピーカーと参加者のみなさまとの交流を目的に立食懇親会をご用意しております

■その他のGDMカテゴリー
GDMプランナー向け勉強会
GDMデザイナー向け勉強会
GDMゲームクリエイター向けキャリア勉強会

Game Developer’s Meeting Facebookページhttps://www.facebook.com/GameDevelopersMeeting
シェア、いいね!、フォローをお願いします!

運営からのお願い
お席に限りがあり、参加多数の場合には抽選とさせて頂くこともございます。その為、事前のご連絡を頂けない形や当日のキャンセルは他にエントリーされた方々のご迷惑となりますので、いま一度スケジュールを熟慮のうえでのエントリーをお願い致します。

みなさまお忙しい所とは思いますが、ぜひお誘い合わせの上お気軽にご参加ください!

GDM運営事務局

Tue Jun 27, 2017
7:30 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
GDMエントリーチケット FULL
Venue Address
東京都渋谷区渋谷二丁目21番1号 渋谷ヒカリエ Japan
Organizer
Game Developer’s Meeting
869 Followers